FC2ブログ

B-Taste

ビーシュリンプ・海水魚・カクテルなどの話題です
月別アーカイブ  [ 2009年05月 ] 

ゴールデンアイシュリンプの特徴 

前回の記事にウルトラゾーンさんから、質問がありましたので、
今回は簡単にゴールデンアイシュリンプの特徴を書いておきたいと思います。

もともとはみなさんもご存知のとおり、タイガーシュリンプの突然変異で生まれてきた
エビをドイツのブリーダーさんが固定したのがゴールデンアイシュリンプです。

ビーシュリンプとの違いは、動きが非常に俊敏です。
水槽内に入れて落ち着くまでは、動き回っている事が多いです。

そのため、抱卵個体がいる場合には気をつけないと、
襲われてストレスになる事があります。
しっかりと隠れる事が出来る場所を作ってあげるようにしましょう。

またレッドビーと比べて、抱卵期間が長いと言われていますが、
自分の飼育しているゴールデンアイは、レッドビーと同じ日数で稚エビが孵化しました。

もともとビーシュリンプもゴールデンアイの元であるタイガーシュリンプも同じヌマエビ科カワリヌマエビ属である事から、飼育方法等を変える必要はないと思います。
極端な話、しっかりと水あわせをすれば、レッドビーと一緒の水槽でも飼育は可能です。
もちろんハイブリッドも可能です。


hfttjyh]

ただしレッドビーの抱卵個体がいる水槽の場合、ゴールデンアイのオスに襲われてストレスを感じる可能性が高い事だけは考慮する必要があると思います。

ゴールデンアイもレッドビーも自然の中で生まれてきたエビとは違いますので、
自然の中でこの場所にしか生息出来ない生物とは違います。
そのため、PHや硬度が違っても飼育は出来ます。
どちらかと言うと硬度やPHなどによって、体色の変化があると思ってください。

一番考えなければいけないのは、水質の維持です。
これはエビの飼育の場合は必ず言われる事ですよね(^_^.)

常に安定した水質を維持していければ、レッドビーと同様に繁殖は簡単だと思います。

ちょっとまじめな記事になっちゃいましたねm(__)m


にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



おすすめ広告



楽天市場
ブログ内検索
プロフィール

黒

Author:黒
ブログを見ていただきありがとうございます。

相互リンク募集中です。
よろしくお願いいたします。

リンク
カウンター

水槽日数




blogram
ブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
3344位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
337位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング

カテゴリー
月カレンダー
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
RSSフィード
最近のトラックバック
タグクラウド
記事ランキング